亜鉛と精子の関係

亜鉛と精子の関係

精子の質を高めたり、精子の量を増やしたりする成分として、アルギニンという成分が大切だといわれていますが、アルギニンと同じくらい精子を作り出すのに重要な成分があることをご存知でしょうか。
その成分はアルギニンに比べて、私達がより馴染み深い成分として認知している亜鉛です。

 

亜鉛が不足するとインポテンツを発生させてしまう可能性があるといわれていて、そもそも亜鉛とはなんなのでしょうか。
亜鉛は、男性ホルモンミネラルとして知られていて、テストステロンという男性ホルモンの代謝に必要不可欠な成分としても知られています。

 

亜鉛が不足すると、敏感にそれを察知するのが前立腺で、亜鉛不足で前立腺障害が発生してしまう場合があるのです。

 

また、ある研究によると亜鉛は精子にも豊富に含まれていますし、尿を排出することによって体外に出ていきます。
そのため、どんどん亜鉛を体外に排出しているともいえて、その分をしっかりと補ってあげる必要があるのです。

 

さらに、亜鉛はインポテンツだけに関係している成分ではなく、その他の色々な機能の維持にも必要になってきます。
最悪の場合は亜鉛不足が引き金になって全身障害を招くようなこともありますので、精力増強のためだけではなく、健康のために亜鉛についてはしっかりと摂取しておきたいものです。

 

そんな亜鉛についてですが、食事から摂取するのが一般的で、まずは亜鉛をたくさん含んだ食材について考えてみましょう。
亜鉛は緑黄色野菜や魚介類のカキに多く含まれています。

 

このように亜鉛はインポテンツに深く関係している成分だということがわかりましたが、インポテンツの症状はあくまでも亜鉛不足が原因になっている場合は入口でしかないのです。
そして症状が進むと全身の障害に派生してしまうこともありますので、亜鉛不足からくる性欲減退については、早急に対処する必要があるのではないでしょうか。

 

そのためには、日々の食生活改善が必要不可欠で、現代人は食生活が乱れ栄養バランスが整っていませんので、いつ亜鉛不足に陥ってしまっても不思議ではありません。

 

また、亜鉛にはカルシウムの吸収を促進させる効果もあって、亜鉛不足で骨粗しょう症を招いたりする可能性もあるのです。

 

このように亜鉛は人体の生命維持には非常に重要な成分のひとつになっていますので、精力減退の原因のひとつとして考えるのはもちろん、健康維持のためにも重要な要素であることを把握しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加