精力剤でよく聞くL-シトルリンってなに?

精力剤でよく聞くL-シトルリンってなに?

精力剤の中にはL-シトルリンをアピールしたものもありますが、こちらのL-シトルリンとは一体どのような効果を持っている成分なのでしょうか。
L-シトルリンは、アミノ酸の一種として知られており、主に体の血行を促進させる効果を持っているといわれています。

 

また、血行促進がされることによって、腎臓の働きを活発にする効果についても確認されており、脳の健康にも一定の効果がある成分として知られています。
このように色々な健康効果を持っているため、L-シトルリンは健康補助の目的で作られているサプリメントなどに含まれているのです。

 

また、血流改善の効果があると聞いて、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
精力減退を感じる理由に勃起不全などがありますが、そもそも勃起という症状はペニスの周辺に血流を集めることで発生する状態なのです。

 

そのため、血流が十分でない場合は勃起が起こりにくくなってしまうのです。
そのため、L-シトルリンを摂取して血流回復をしてあげれば、症状によっては精力減退を感じることがなくなるかもしれません。
L-シトルリンという名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、私達と馴染み深い食品にも含まれていることがわかっていて、スイカやタマネギ、にんにくといった一般的な食材にも含まれているのです。

 

また、もう少し詳しくL-シトルリンという成分ついて調べていくと面白いことがわかります。
アルギニンという精子を増やすような働きがある成分があるのですが、このL-シトルリンという成分は、体内に摂取されると体内にてアルギニンに変換される性質を持っているのです。

 

さらに、最終的にはオルニチンという成分に変化するのですが、こちらは成長ホルモン誘導体として知られています。
これらの成分によって成長ホルモンの合成が活発になったり、分泌が促進されたりしますので、このような意味からもL-シトルリンは、精力増強とは深く関係した成分ということになります。

 

また、シトルリンはアスリートにも愛されている成分であって、血管を強くしなやかにするような効果も見受けられるので、アスリートが強靭な肉体を作り上げるためにサプリメントを用いたりします。

 

このように、L-シトルリンには色々な効果が隠されていて、特に精力増強効果については高いものを持っているので、精力サプリメントなどを選ぶ際には、有効成分のひとつとしてしっかりと把握しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加