自転車で精子減少!?

自転車で精子減少!?

みなさんの中にも健康を維持する活動の一環として自転車による定期的なサイクリングをしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、この自転車は意外な部分に関係していて、それが精子を現象させてしまう可能性があるというものです。

 

これはこれまで自転車に乗っていた人にとっては衝撃的な事実なのですが、自転車に乗ったからといってすぐに精子が減少してしまうわけではありません。
一定の条件で自転車に乗ると精子が減少してしまう可能性があって、それが自転車で定期的な長距離移動をしているような人です。

 

普通の人は自転車で長距離を走るということはありませんが、中には数百キロという距離を自転車で移動する人もいるのです。

 

ある研究によると、300キロ以上週に自転車で走行しているような人は注意が必要ということで、300キロを週に走るということは日平均で40キロ以上を走っているということで、一般の人には該当しないでしょう。

 

しかし、集中的に自転車に乗る人にとってみれば決して難しい距離ではないため、もしかすると該当してしまうという人もいるかもしれません。
具体的にどのような影響が発生してくるのかというと、サドルによる圧迫や摩擦が精子にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

また、専門的に自転車に乗るという人はトレーニングウェアを着用している可能性があって、トレーニングウェアは肌にピッタリと密着したものになります。
そのため、想像以上に体温を高めてしまう傾向があって、その結果精子が減少してしまう可能性があるようです。

 

また、プロのアスリートともなればそのトレーニングも過酷で、自転車競技も例外ではありません。
そのため、そのような過酷な状況に置かれているアスリートは、常に強力なストレスとの戦いをしていて、そのストレスが引き金になって精力を減退させてしまうのです。

 

このように自転車と密接に関係した生活を行っている人は注意が必要で、どんなに精力回復効果のあるサプリメントなどを摂取したとしても、自転車による体の酷使が原因で精子を減らしてしまっているかもしれません。

 

ほとんどの人は該当しないかと思われますが、自転車が趣味だったり、実際に自転車競技のアスリートとして活躍しているような人は注意が必要でしょう。
このように意外な部分が精力の減退に繋がってくることもありますので、しっかりと精力減退の原因について調べることは非常に重要だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加